長野県縦断駅伝とは

 「長野県縦断駅伝競走」は、昭和27年日本全土が戦後の荒廃から立ち上がろうとしているころ「若者たちの体力と精神力を養うのに役立つスポーツを」と県下を南北(飯田スタート~長野フィニッシュ)に縦断する市郡対抗(現在は15の地区に分かれてエントリー)の駅伝として誕生しました。

 半世紀を超える今や信州の秋の風物詩・名物駅伝 "県縦(けんじゅう)" として沿道にも定着しています。大会は11月下旬に開催されます。 ちなみに、第1回大会(17区間・221.9km)優勝は「下伊那郡」・記録は、14時間12分29秒でした。現在は開催当初とは逆に走るコース、長野市(信濃毎日新聞社前)をスタート飯田市(県飯田合同庁舎)フィニッシュの2日間(1日目長野から岡谷・2日目松本から飯田)22区間(総距離216.9km)で覇権を競います。

【最近の変更】

  • ●2009年、平成の大合併により、郡の枠組みの中で1町村になった、埴科の坂城町、下水内の栄村を考慮し、
    「千曲埴科」を「千曲坂城」
    「飯山下水内」を「飯山栄」
    にそれぞれチーム名を変更。
  • ●2011年、2日目第13区を2つに分け、第13区(2km)を中学生女子区間とする。
  • ●2011年、19区・20区(2010年までの18.19区)、駒ヶ根市を南下するコースをバイパスから往年の旧道に戻す。
  • ●2012年、第5区~6区の「丸子中継所」を丸子文化センターから三反田公民館前に変更。
  • ●2018年、2区を篠ノ井橋(国道18号線)を渡らない新コースに変更。篠ノ井橋北信号を右折し、県道77号線を南下し、稲荷山信号先で現コースに合流するコース。

<優勝回数>
上伊那 38回
全諏訪 11回
長野市 10回
飯田下伊那  5回
上田東御小県  2回
全佐久  1回
戻る