信濃毎日新聞ニュース特集

2019県議選

 

2019年04月 8日掲載

 第19回統一地方選前半の県議選は7日、23選挙区のうち無投票の9選挙区を除く14選挙区で投開票され、現職30人、元職3人、新人13人が当選した。無投票当選者11人を含めると、総定数57に対し、自民党は公認23人のうち21人、推薦4人のうち2人の計23人が当選。このほか、無所属の現新5人程度が自民入りを検討しており、党県議団は改選前勢力24人を上回る見通しだ。  一方、2010年知事選で阿部守一氏の初当選を支えた旧民主・民進党系の国政野党では、立憲民主党の公認1人が当選したが、国民民主党の公認2人がともに落選。両党の公認候補を含め、旧民進系の政治団体「新政信州」が推薦した8人のうち、当選は5人にとどまった。  旧民進系県議は社民、無所属議員と第2会派信州・新風・みらい(改選前14人)を構成し...続きを読む

開票結果