信濃毎日新聞ニュース特集

2019参院選

吉田氏参院選の進退「今月中に」 比例「特定枠」利用は否定

2019年04月17日掲載

 自民党参院幹事長の吉田博美氏(69)=県区=は16日の定例記者会見で、今夏の参院選比例代表に出馬するかどうかについて「今月中に報告できると思う」と述べた。比例代表で優先的に当選できる改正公選法の新制度「特定枠」を利用することは「ありえない」と改めて否定した。

 吉田氏は、転倒して右脚を痛めており、進退は主治医と相談して判断する考えを示した。合区した「鳥取・島根」選挙区で比例転出して特定枠で処遇する予定だった島根県区の現職が出馬を辞退し、代わりに吉田氏を処遇する案が党内で浮上している。

 下関北九州道路を巡る塚田一郎元国土交通副大臣の「忖度(そんたく)」発言が明らかになって以来、吉田氏の記者会見は初めて。道路について「これは総理の地元と副総理の地元の事業なんだよ」と吉田氏が述べたとした塚田氏の発言を否定し、「(塚田氏には)九州と中国地方の経済を一層活性化するために必要な道路だとお願いした」と述べた。