信濃毎日新聞ニュース特集

2019参院選

参院選253人出馬予定 改選数1の県区、4人準備

2019年05月05日掲載

 参院選県区(改選数1)は、自民党新人の小松裕氏(57)、国民民主党現職の羽田雄一郎氏(51)、共産党新人の長瀬由希子氏(50)、諸派新人の斎藤好明氏(68)の4人が立候補を準備する。

 改選数が2016年参院選から1に減った。今回改選期を迎える自民党現職の吉田博美氏(69)は引退を表明。小松氏は吉田氏の後継となる。公明党の推薦も得た。一方、国民と共産は立憲民主、社民両党を交えて候補一本化に向けた協議を進めている。16年選では野党統一新人候補が自民現職を破った。再び与野党が真正面からぶつかり合う構図が濃厚だ。