信濃毎日新聞ニュース特集

2019参院選

南牧、投票午後7時まで 参院選から 村内全ての投票所で

2019年05月29日掲載

 南牧村選挙管理委員会は28日までに、夏の参院選以降の選挙で、全7カ所ある投票所のうち6カ所の投票終了時刻を公職選挙法の規定よりも1時間繰り上げ、午後7時にすると決めた。1カ所は既に繰り上げており、全ての投票所で午後7時までとなる。開票開始時刻も30分繰り上げ、同8時15分にする予定だ。

 公選法は投票時間を午前7時~午後8時と規定。特別な事情がある場合に限り、4時間以内の範囲で繰り上げられるとしている。

 村選管によると4月21日投開票の村議選で午後7~8時の投票者数は6投票所合わせて19人。2017年衆院選の27人、18年県知事選の20人を下回った。期日前投票の定着などが原因とみている。

 それぞれの投票所には立会人や町職員ら9人以上が配置されていることから村選管は繰り上げが「事務負担の軽減につながる」と説明。「今後村のケーブルテレビやホームページを通して周知を図りたい」としている。