信濃毎日新聞ニュース特集

2019参院選

公開討論会、松本で7月3日 信大の学生団体企画

2019年06月27日掲載

 投票率向上などに取り組む信州大の学生団体「VOTERS(ボーターズ)」は参院選公示日前日の7月3日午後6時半から、各党の県内代表者らによる公開討論会を、松本市の信大松本キャンパス全学教育機構20番講義室で開く。同団体は5月、学生の政治参加を促そうと発足。同世代を中心に「何を基準に投票すれば良いか分からない」といった悩みを抱えている人が、参院選に向け考えを深める場にしてほしいと企画し、各党に参加を呼び掛けている。

 代表者らにはまず、参院選に臨む姿勢について3分程度演説してもらう。その後、2テーマについて一問一答形式で聞く。テーマは憲法、教育、経済政策などを想定しており、当日までに決める。会場からの質疑の時間も設ける。

 ボーターズ代表で医学部2年の田村大地さん(20)は「政治家の生の声を聞けば、分かることがあると思う。考えるきっかけにしてほしい」と話している。各党の出席者については、同団体のツイッターなどで発信する。