信濃毎日新聞ニュース特集

2019参院選

出張期日前投票所 山ノ内に計4カ所、中野も5カ所準備

2019年07月12日掲載

出張期日前投票所で作業する選挙管理者ら

 山ノ内町選挙管理委員会は11日、21日投開票の参議院選挙に向けた「出張期日前投票所」を町内2カ所に開設した。有権者の利便性を上げることで投票率を向上しようという取り組みで、この日は2カ所で計15人が投票した。12日も別の2カ所に設ける。

 11日の午前は佐野のほなみふれあいセンター、午後は平穏の志賀高原総合会館98にそれぞれ3時間ずつ設けた。町選管は2015年の県議会選挙から出張投票所を導入。期日前投票所を設置する町役場とは別に、町内を東西南北に分けたそれぞれの拠点に投票所を設けることで、町役場まで来られない高齢者らに対応している。志賀高原総合会館98以外の出張投票所には、送迎車も巡回させている。

 12日は、ともに夜間瀬にある、よませふれあいセンター(午前9時〜正午)、北部公民館(午後2時〜5時)に出張投票所を設置する。

 中野市選管も14日、2014年の県知事選から導入している出張期日前投票所を参院選でも設置する。投開票日当日の投票所まで片道3キロ以上離れた集落5カ所の集会所などに開設し、交通手段が限られる有権者に対応する。