信濃毎日新聞ニュース特集
信濃毎日新聞社×JX通信社

2021衆院選2021衆院選

連合長野が立民4人の推薦を決定

 連合長野は15日、執行委員会をオンライン形式で開き、次期衆院選の県内小選挙区に立憲民主党公認で立候補を予定する4人全員を推薦すると決めた。立民県連が独自候補を擁立していない4区については「県連に(擁立に向けた)役割を果たすことを引き続き求める」と確認した。

 現職の篠原孝氏(1区)と下条みつ氏(2区)、新人の神津健氏(3区)と曽我逸郎氏(5区)を推薦する。連合長野は同日付で、連合本部に4人の推薦を求める上申書を送った。

 執行委員会は非公開。根橋美津人会長は終了後の取材に、一部の出席者から候補と十分な連携が取れておらず、選挙に向けて不安視する声があった―と説明。「組織力を発揮できる態勢を整える方向で合意した。具体的にどんな選挙対策をつくり上げるか考えていきたい」と述べた。

ニュースカテゴリー

最新記事

ニュース一覧へ