信濃毎日新聞ニュース特集
信濃毎日新聞社×JX通信社

2021衆院選2021衆院選

4区の共産・長瀬氏が市民連合と確認書に調印

 次期衆院選長野4区に出馬予定の共産党新人長瀬由希子氏(53)と、市民団体などでつくる信州市民連合、4区市民連合連絡会が21日、総選挙に向けた共通政策を盛り込んだ確認書に調印した。市民連合は長瀬氏を「市民と野党の統一候補」として支援する。 新型コロナ対策や立憲主義の回復、原発に依存しない社会をできるだけ早期に実現することなど6項目を盛った。衆院選に向け立憲民主、共産、社民の県内各組織と信州市民連合がそれぞれ取り交わした確認書と同じ内容。

 4区市民連合連絡会の小松功代表=木曽町=は「市民と野党の統一候補が全県で5人出そろった。自公政権を終わらせるため完全に勝たなければならない」と述べた。同日、4区連絡会の事務所を岡谷市の長瀬氏事務所内に開設した。

 4区では他に、自民党現職の後藤茂之氏(65)が出馬を予定している。

ニュースカテゴリー

最新記事

ニュース一覧へ