信濃毎日新聞ニュース特集
信濃毎日新聞社×JX通信社

2021衆院選2021衆院選

野党統一候補「全国に」 社民・福島党首 長野県内での進展踏まえ強調 塩尻で演説

 社民党の福島瑞穂党首は23日、今秋の衆院選に向けて長野県内各地で街頭演説した。塩尻市内では、県内全小選挙区で「市民と野党の統一候補」の擁立が進んでいると強調。政権交代を実現するため、県内での動きを「日本全国に広げたい」と訴えた。

 社民など野党4党と「市民連合」は今月、次期衆院選に向けた事実上の共通政策に合意した。福島氏は、格差・貧困の是正や消費税減税、ジェンダー平等などを盛り込んでいるとし「自民がやらないし、やれないこと。希望のパッケージだ」と強調した。

 野党側が憲法53条に基づく臨時国会の早期召集を要求してきたにもかかわらず、政府、与党は応じなかったと批判。自民党総裁選で候補者が改憲に意欲を示していることに触れ「憲法を踏みにじる与党、自民党に、憲法改正を言う資格はない」と断じた。

塩尻市内で街頭演説する社民党の福島瑞穂党首=23日

ニュースカテゴリー

最新記事

ニュース一覧へ