信濃毎日新聞ニュース特集
信濃毎日新聞社×JX通信社

2021衆院選2021衆院選

次期衆院選に向け信州市民連合が集会 5氏を野党統一候補に推薦

 改憲反対の市民団体などでつくる信州市民連合(旧・信州市民アクション)は24日、次期衆院選県内5小選挙区を野党共闘で勝利することを目指す「キックオフ集会」を長野市で開いた。野党共闘の共通政策を盛った確認書を個別に取り交わした立候補予定者5人を招き、野党統一候補として推薦すると決めた。

 市民連合の共同代表を務める又坂常人・信州大名誉教授は集会で、確認書に触れ「有権者に対する公約の提示だ」と強調。安倍晋三前政権と、それを継承した菅義偉政権により、国会が形骸化し、貧富の格差が広がったとし「政権交代しかない」と訴えた。

 立憲民主党県連代表代行の杉尾秀哉氏(参院県区)は「全ての選挙区を野党陣営で勝利する」とあいさつ。共産党県委員会の鮎沢聡委員長は「さらに態勢を強化して勝ち抜く」、社民党県連の中川博司代表(県議)も「候補者を全力で応援する」と述べた。

 立民は1、2区に現職、3、5区に新人を擁立し、共産は4区に新人を立てる予定。これらの立候補予定者も壇上であいさつした。

次期衆院選に立候補を予定する野党の5氏が参加した信州市民連合のキックオフ集会=24日、長野市

ニュースカテゴリー

最新記事

ニュース一覧へ