信濃毎日新聞ニュース特集
信濃毎日新聞社×JX通信社

2021衆院選2021衆院選

衆院選 自民県連が小松氏の比例単独擁立を検討

 自民党長野県連が次期衆院選比例北陸信越ブロック(定数11)に向け、4日に繰り上げ当選した小松裕氏(59)を比例単独で擁立する検討をしていることが同日、分かった。県連関係者は、小松氏の繰り上げ当選に伴う次期衆院選での「現職優先」原則に基づく対応―と説明。小選挙区との重複立候補者らの下の順位に登載される可能性がある。

 小松氏は4日夜、取材に対し「県連の意向は重く受け止めるが、小選挙区立候補者の迷惑になるようであれば辞退したい」と述べた。

 小松氏は2012、14年衆院選1区に出馬し比例復活。17年衆院選は復活できず落選していたが、4日に繰り上げ当選した。19年7月の参院選県区(改選数1)と今年4月の参院県区補欠選挙(欠員1)にも立候補、落選している。

ニュースカテゴリー

最新記事

ニュース一覧へ