信濃毎日新聞ニュース特集
信濃毎日新聞社×JX通信社

2021衆院選2021衆院選

「改革マインドない」 維新・馬場氏 首相批判 松本駅前で街頭演説

 日本維新の会の馬場伸幸幹事長は18日、衆院選長野2区から立候補を予定する新人の応援のため、松本市の松本駅前で街頭演説した。岸田文雄首相について「分配の財源をはっきり言わない。改革マインドがない」と批判。行財政改革で財源を生み、経済成長につなげると主張した。

 社会保障費の増加に伴う国の借金の膨らみが課題として「これを解決せずに借金を重ねるのは(筋が)違う」と指摘。大阪では地方議員の定数や報酬の削減、行政改革で財源を生み出して教育への投資を進めてきたと説明した。

 衆院選の公約に掲げる教育無償化は子どもの進路選択の可能性を広げるだけでなく、保護者の可処分所得も増やす「一石二鳥の政策だ」と主張。「改革から生み出した果実で実現する」と訴えた。

街頭演説する日本維新の会の馬場伸幸幹事長=18日、松本市の松本駅前

ニュースカテゴリー

最新記事

ニュース一覧へ