信濃毎日新聞ニュース特集
信濃毎日新聞社×JX通信社

2021衆院選2021衆院選

思いを込めた1票 長野県内 期日前投票始まる 衆院選

 31日投開票の衆院選の期日前投票が20日、県内の全77市町村で始まった。有権者は早速、それぞれの思いを込めた1票を投じた。

 長野市役所の期日前投票所を訪れた第2子を妊娠中の小口真奈実さん(28)は、産休を前に仕事の契約更新ができなかったといい「子育て支援の充実と働きやすい社会に」と願って投票。「朝から雨で手が空いた」と夫婦で訪れた農業の辺見力蔵さん(78)は「森友学園問題などの説明責任が果たされていない」と思い、投票先を決めたという。

 県選挙管理委員会によると、この日開設した期日前投票所は86カ所。30日までの期日前投票期間中、計173カ所に開設される。

期日前投票所で1票を投じる有権者=午前10時半、長野市役所

ニュースカテゴリー

最新記事

ニュース一覧へ