信濃毎日新聞ニュース特集
信濃毎日新聞社×JX通信社

2021衆院選2021衆院選

期日前投票 出足は遅め? 「後半に伸び」の見方 入場券配達未完了/選挙重なる自治体で

 31日投開票の衆院選の期日前投票が20日、77市町村で始まった。当初想定より日程が早まったため投票所入場券の配達がまだ終わっていない自治体がある他、首長選、議員選、県議補選と重なるのでまとめて投票したい―と出直す有権者も。期日前投票は近年、開設直後から出足が好調な傾向があるが、選挙が重なる自治体では「全ての選挙に投票可能になる後半の方が増えそう」との見方が出ている。

■「複雑だなあ」 入場券未達の投票者

 市長選が予定された31日に衆院選が重なり、入場券の刷り直しなどで20日時点で配達が完了していない長野市。「いつもなら(期日前投票の)前に届くのに」。市役所で始まった期日前投票に訪れた無職北沢重人さん(69)は、入場券を持っていなかった。

 「毎回、始まるとすぐに行く」という北沢さん。期日前投票の「宣誓書」を記入後、運転免許証を示して本人確認を済ませ投票できた。ただ、24日告示、25日に期日前投票が始まる市長選の入場券として自筆した宣誓書の写しを渡され、「これから届く入場券はどうすればいいの」と戸惑った。どちらも有効―と説明され、「複雑だなあ」。

 市選管によると、20日夕時点で期日前投票をした109人のうち45人が入場券を持っていなかった。長谷部好紀選管事務局長は「(初日としての)出足は鈍い」。市長選の期日前投票が始まり、衆院選と両方投票できるようになれば本格的に増えると見込む。

■投票見合わせる有権者も

 東筑摩郡筑北村は衆院選、県議補選松本市・東筑摩郡区、村長選、村議選の投票が31日に集中。全ての期日前投票が可能になるのは27日だ。20日、村本城農村環境改善センターで始まった期日前投票会場を訪れた近くの女性(91)は、村職員から「きょうできるのは衆院選だけ」と言われ、投票を見合わせた。「全部の選挙に投票できると思って来た。しょうがないね。また来ます」。一方、「全て同時に投票したらややこしくなりそう」と衆院選だけ投票を済ませた80代女性もいた。

 村選管は日程をホームページなどで周知し、入場券は衆院選と県議補選、村長選と村議選の2種類に分けて郵送。細田雅義書記長は「期日前投票は(村長選と村議選の期日前投票が始まる)期間後半に一気に伸びる」と見通した。

 岡谷市役所2階の期日前投票会場には20日、午後4時すぎまでに350人が訪れた。4月の参院県区補選の期日前投票初日は182人だった。会社員男性(31)は「子どもがいるので子育て政策などを考えて投票した」と話した。

衆院選期日前投票所で筑北村長選の期日前投票は始まっていないと村職員(右)から聞き、出直そうと会場を後にする女性(左)=20日午前11時32分、筑北村本城農村環境改善センター
岡谷市役所の庁舎内に設けられた期日前投票所で投票する有権者=20日

ニュースカテゴリー

最新記事

ニュース一覧へ