信濃毎日新聞ニュース特集
信濃毎日新聞社×JX通信社

2021衆院選2021衆院選

諏訪のリサイクル店が「選挙割」 若い世代に「投票して来店を」願い

  • 話題

 諏訪市の古材リサイクル店「リビルディングセンタージャパン」(リビセン)が31日投開票の衆院選に合わせ、店内でサービスが受けられる「選挙割」を行っている。DIY(ドゥ・イット・ユアセルフ)をテーマに古材販売やカフェを運営する同店。自分たちの未来をつくるという意味で、選挙も一つのDIY―とアピールしている。

 店員に「選挙いったよ~!」と声を掛けると、店内のカフェで販売するスコーンかドリンク、同店のコンセプトブックのどれか一つが無料でもらえる。選挙割は2019年の参院選時にも実施。投票率が低い傾向にある若い世代に、投票をした上でリビセンに来てもらいたいという。

 スタッフの阿部奈緒さん(29)は「暮らしと政治は地続きであることを考えるきっかけになれば」と話している。

選挙割をPRする阿部さん

ニュースカテゴリー

最新記事

ニュース一覧へ