芦部信喜 平和への憲法学

 2013年3月、参院予算委員会。憲法改正問題に絡んで野党議員が質問した。芦部信喜を知っているかと。首相の安倍晋三は答えた。「私は存じ上げておりません」
 芦部は、信州が生んだ戦後日本を代表する憲法学者である。その憲法観は戦争体験に裏打ちされている。1950年代からの憲法改正論議の中で、戦争放棄と非武装をうたった9条を変えることなく、その理想に世界が少しでも近づけるよう日本が先導的役割を果たすことを説き続けた。
 日本国憲法は今再び、岐路に立つ。自民党は9条を含む4項目の改正条文案をまとめた。2年後の2020年の施行を目指す。日本が進むべき道をまた誤ることはないか。芦部の軌跡を追いながら、徹底した平和主義の憲法学の今日的な意義を見いだしたい。
 第1部は伊那谷の源流をたどる。(敬称略)(編集委員・渡辺秀樹)

[あしべ・のぶよし]
 1923(大正12)年~1999(平成11)年。上伊那郡赤穂村(現駒ケ根市)生まれ。旧制の伊那中(伊那北高)、松本高(信州大)を経て、東京大法学部卒。東大法学部教授、学習院大法学部教授などを歴任。東大名誉教授。77年~79年、全国憲法研究会代表。93年、文化功労者。日本での憲法訴訟論を開拓、確立させた。「憲法」(岩波書店)、「憲法学」(有斐閣)など著書多数。中でも93年初版発行の「憲法」は6版を重ね、累計発行104万部のロングセラー。

第1部 源流 伊那谷から

  1. ①  駒ケ根の原風景 視野の広さや懐の深さ育む2018年6月27日
  2. ②  向山雅重の実地教育 「徹底して観察」影響受け7月4日
  3. ③  臼井吉見との出会い 教えられたアララギの精神7月11日
  4. ④  信濃宮神社造営への動員 軍国主義 強まる思想統制7月18日
  5. ⑤  学徒出陣で知った軍隊 非人間性 生涯にわたり嫌悪7月25日
  6. ⑥  実家への遺書 友の戦死… 痛嘆 新生憲法に抱く原点に8月1日
  7. ⑦  終戦後の文化運動で雑誌発行 世の中を多角的に観察8月8日
  8. ⑧  「戦争放棄」の草案要綱 憲法研究の気持ち固まる8月22日
  9. ⑨  リベラリスト・宮沢俊義 新憲法「八月革命説」で説明8月29日
  10. ⑩  ラートブルフの論文に感銘 「憲法訴訟論」として結実9月5日

第2部 憲法改正と自衛隊

 「いよいよ憲法改正に取り組む」。先月、自民党総裁選で連続3選された首相安倍晋三は強い意気込みを見せた。自衛隊の9条明記など4項目の党改憲案を今月下旬に召集予定の臨時国会に提示する構えだ。改憲問題は大きな節目を迎える。
 改憲論の始まりは70年余り前にさかのぼる。焦点は常に、戦争放棄と非武装の9条であった。長野県出身で戦後日本を代表する憲法学者、芦部信喜が改憲問題や自衛隊訴訟に残した足跡をたどり、今に通じる示唆を得たい。(敬称略)

  1. ①  論議の源流 平和主義徹底から再軍備へ10月17日
  2. ②  政府の調査会発足 批判的な学者 研究会で対抗10月24日
  3. ③  両論併記の調査会報告書 解釈改憲の可能性消えず10月31日
  4. ④  恵庭事件(上) 裁判と学界に橋を架ける11月7日
  5. ⑤  恵庭事件(下) 肩透かし判決が論争に11月14日
  6. ⑥  長沼事件 初の違憲判決 芦部説影響?11月21日
  7. ⑦  攻撃される前文 「積極的平和主義」説き反論11月28日
  8. ⑧  9条と現実との相克 不戦の誓い 堅持してこそ12月5日