松糸道路の建設促進陳情を採択 県会土木委


 県会土木委員会は十七日、松本糸魚川連絡道路の建設促進の陳情を賛成多数で採択した。同道路について田中知事は一部を除き既存道路の改良で対応する方針を示しているが、議会側は九月県会に続く建設促進陳情の採択となった。

 陳情は大町市議会と北安曇郡町村議会議長会が提出。大町―県境間を早期に調査区間に指定し、工事に着手するよう求めている。委員会では石坂千穂氏(共産党県議団、長野市)が継続審査を求めたが、「同様の内容を前にも採択している」などとして採択した。

(2002年12月18日 信濃毎日新聞掲載)