TOP2012年09月松本城の外堀復元 住居地域を都市計画公園に―編入議案を可決 市都市計画審

 松本市都市計画審議会は24日開き、復元を目指す松本城の外堀(南・西外堀)にある住居地域を、城周辺の都市計画公園「松本城公園」に編入する議案を原案通り可決した。将来の復元に向け、現在は埋め立てられている外堀を保全する狙い。

 編入する対象は江戸時代に外堀があり、現在は都市計画法上の市街化区域に当たる0・9ヘクタールで、編入後の松本城公園の広さは11・8ヘクタールになる。

 この日の審議会で市側は「城下町松本にふさわしい都市景観の形成を図れる」などと編入の効果を説明した。委員からは「地域コミュニティーに配慮して慎重に進めるように」と求める意見や「公園は防災上の避難地でもあり、堀復元後も公園に出入りしやすい整備が必要」との指摘があった。

 また、現在13の企業がある倭(やまと)工業団地(梓川倭)の用途について、新たな建設を工業などに制限し、周辺環境と調和をとるなどとした地区計画決定の議案も原案通り可決。操業環境の保全を図る。現在は市街化調整区域のため、土地は住宅建設など工業以外への転用も可能だった。

2012年9月25日掲載

月別アーカイブ