TOP2014年09月雲の切れ間...浮かぶ「秋」 松本城で月見の催し
雲の切れ間から顔をのぞかせた月=8日午後7時12分、松本市の松本城公園

 中秋の名月の8日夜、フルートや雅楽の演奏を聞きながら月見を楽しむ催し「月見の宴(えん)」が開かれている松本市の松本城は大勢の人でにぎわい、雲の切れ間から姿を現した月を眺めた。

 月見櫓(やぐら)では琴や尺八、雅楽の演奏があり、秋の涼しい空気に澄んだ音色が響き渡った。わずかな時間だけ現れた月に、塩尻市広丘原新田の宮沢恵美子さん(74)は「来たかいがあった。少し雲がかかっていていい風情」と笑顔だった。毎年、中秋の名月に合わせて松本城に来ている松本市蟻ケ崎の横川和明さん(79)も「風流な音楽ときれいなお城にほれぼれしちゃうね」と聞き入っていた。催しは9日まで。

 8日は、晴れ間が広がった長野市の長野駅周辺でも夜空に月が浮かび上がった。

2014年9月 9日掲載

月別アーカイブ