TOP2021年07月緑輝く松本城、労災防止願い 松本労基署初企画
緑色にライトアップされた松本城

 松本城が1日夜、安全第一のシンボル「緑十字」にちなむ緑色にライトアップされた。労働災害防止を呼び掛ける全国安全週間(1~7日)の活動の一環だ。

 松本労働基準監督署管内では、5月末時点で新型コロナ感染を除く休業4日以上の労災に遭った人は142人と、昨年同期比で約60%増えた。「非常事態とも呼べる状況」(安全衛生課)とし、安全意識を高めるきっかけにとライトアップを初企画した。

 仙台市から訪れた男性会社員(54)は緑色に浮かび上がる城を見ながら「(職場での働き方について)若い世代の価値観に合わせて変化していかないといけない」と話していた。

2021年7月 3日掲載

月別アーカイブ