TOP2021年08月松本市有施設、一部を休業へ 松本城など、県の対策強化に対応

 松本市は30日、県が9月3~12日に新型コロナ対策を強化するのに対応し、松本城の有料エリアなど市有施設の一部を期間中に休止すると発表した。市内で開催予定の催しも、必要に応じて休止や延期を呼び掛ける。

 休業するのは松本城、梓川アカデミア館、市時計博物館など市内の博物館、市営キャンプ場。白骨温泉公共野天風呂など日帰り入浴施設や道の駅は、施設ごとに営業時間短縮や利用人数の制限を行う。市主催の催しは原則中止とし、民間主催の催しも、場合によっては中止や延期を検討してもらうとしている。

 市教委は9月7日までとしていた小中学校の部活動中止などを同12日までに延長すると発表。集団感染が発生したため、可能な範囲での利用自粛を呼び掛けている放課後に小学生が過ごす児童センターなどについても、自粛要請を12日まで延長する。

 市はこの日、新型コロナワクチンの接種日程を一部変更することも公表。若者の接種希望が増えている現状を踏まえ、16~29歳の予約開始日を当初の9月16日から同2日に早めるとした。同日から30代の予約も同時に受け付ける。

2021年8月31日掲載

月別アーカイブ