TOP2022年01月火災に備えて 松本城で訓練
放水訓練をする市職員ら

 松本市の松本城で26日、文化財防火デーに合わせた消防訓練があった。乾(いぬい)小天守から出火し、観光客が負傷したと想定し、松本城の管理や整備に携わる市職員ら約60人が初期対応の手順を確認した。
 火災報知機のベルが鳴り響き、天守内にいる警備員から無線で「火災発生」と連絡が入ると、警備員や管理事務所にいた市職員らが駆け付け、負傷者を仮設救護所へ避難させた。市は本年度、1人でも使用できる消火栓を天守内と本丸庭園に導入。その使用方法も確認し、本丸庭園から天守に向かって放水した。
 宮之本伸副市長は訓練後の講評で「火災が起きた場合の備えを万全にし、大切な財産である松本城を守っていく」と述べた。

2022年1月27日掲載

月別アーカイブ