TOP2022年02月夜の松本城天守はいかが? 冬の誘客にツアー初企画
月見櫓でツアー客を出迎える登久姫たち

 松本市の松本城天守を夜間に観覧するツアーが始まった。冬の観光誘客を図ろうと、市と松本観光コンベンション協会が初めて企画。初日の4日は市民約30人が、真っ暗な天守内の写真を撮ったり、夜景を楽しんだりした。
 月見櫓(やぐら)では城の「おもてなし隊」の登久姫らが「月は見られましたかな」とお出迎え。普段は開放していない天守3階に入ることもでき、ガイドが「殿様がいる部屋の真下で、戦の時に武士が集まる場だった」などと解説した。
 通信制高校「N高校」2年の梅原雪月(ゆづき)さん(16)は「寒さにびっくりしたが、昼とは違った静かな雰囲気が感じられた」と話していた。
 ツアーは27日まで。金曜日に市民向け、土日曜日に観光客向けを開く。市松本城管理課によると、市民向けは定員に対し3、4倍の応募があったが、観光客向けは余裕があるという。同課は「日没後に城に入れる機会はなかなかないので、ぜひ楽しんでほしい」と参加を呼び掛けている。

2022年2月 9日掲載

月別アーカイブ