長野五輪 各競技委員長が決まる


 長野冬季五輪組織委員会(NAOC)は十六日、来年二月の同五輪で実施する全七競技の競技委員長と各競技会場に配置する会場責任者を決め、発表した。

 競技委員長には丸山仁也氏(アルペン男子)富井澄博氏(アルペン女子)など長野県出身の元五輪選手らが含まれている。各競技委員長は次の通り。

 【スキー】▽アルペン男子 丸山仁也(全日本スキー連盟アルペン部競技運営小委員会委員)▽アルペン女子 富井澄博(同連盟アルペン部技術委員長)▽クロスカントリー 和田光三(同連盟クロスカントリー部大会運営小委員会副委員長)▽ジャンプ 笠谷昌生(同連盟常務理事、ジャンプ部長)▽ノルディック複合 北島光則(同連盟コンバインド部技術委員会委員)▽フリースタイル 郷津恵一(同連盟フリースタイル部技術運営小委員会委員)▽スノーボード・大回転 竹節伸一(同連盟スノーボード部大会運営小委員会委員)▽スノーボード・ハーフパイプ 松山由也(同連盟スノーボード部技術委員会委員)

 【バイアスロン】田中英一(日本近代五種バイアスロン連合理事)

 【スケート】▽スピード松本充雄(日本スケート連盟理事)▽フィギュア 土ケ端竹志(同連盟専務理事)▽ショートトラック 白川博(同連盟副会長)

 【アイスホッケー】片岡勲(日本アイスホッケー連盟長野対策本部副本部長)

 【ボブスレー】鈴木省三(日本ボブスレー・リュージュ連盟理事)

 【リュージュ】浅川司(県ボブスレー・リュージュ連盟理事)

 【カーリング】小林宏(日本カーリング協会理事)

(1997年5月17日 信濃毎日新聞掲載)