スピード男子五千 ロメ驚異的な世界新「金」 白幡7位



ジャンニ・ロメ

(長野市・エムウェーブ)
15:00 スタート

 スピードスケート最初の種目、男子五千メートルが八日行われ、ジャンニ・ロメ(オランダ)が6分22秒20の驚異的な世界新記録で金メダルを獲得した。2位のリンチェ・リツマ(オランダ)は6分28秒24、3位のバート・フェルトカンプ(ベルギー)も6分28秒31の世界新。日本期待の白幡圭史(コクド)は6分36秒71で7位、今大会で日本選手初の入賞を果たした。

 最終組でスタートしたロメは、前半からリツマとフェルトカンプを上回るペースでとばし、二人が相次いで出した世界新を一気に塗り替えた。白幡は、善戦したが前半のペースダウンが影響した。野崎貴裕(王子製紙)は6分42秒30で17位。野明弘幸(県教員ク)は6分51秒35で25位だった。


【男子】▽五千メートル

(1)ジャンニ・ロメ(オランダ)6分22秒20=世界新

(2)リツマ(オランダ)    6分28秒24

(3)フェルトカンプ(ベルギー)6分28秒31

(4)デヨング(オランダ)   6分31秒37

(5)ディトリッヒ(ドイツ)  6分32秒17

(6)タウベンラウホ(ドイツ) 6分35秒21

(7)白幡圭史(コクド)    6分36秒71

(8)ストーレリ(ノルウェー) 6分37秒12

(17)野崎貴裕(王子製紙)  6分42秒30

(25)野明弘幸(長野県教員ク)6分51秒35

世界記録 ロ メ  6分30秒63

五輪記録 コ ス  6分34秒96

日本記録 白幡圭史 6分35秒21


 【評】最終組のロメが驚異的なペースで突っ走った。200メートルを最も速い18秒68で入り、次の1周はそれまでだれも出していなかった29秒台。最後の2周は31秒台に落ちたが、2位に6秒余の大差をつけた。上体をやや起こし気味にしたフォーム。体をいっぱいに使い、強いキックでぐいぐい進む滑りは圧巻だった。

 リツマは力強い滑りで30―31秒台の安定したラップを刻んだ。リズミカルに滑ったフェルトカンプも見事に一定ペースを守った。前半が速かったリツマがわずかな差でかわした。

 リツマと同走した白幡は200メートルからの1周を30秒台で回ったが、このラップを維持できなかった。中盤からは31秒5前後で、大きく引き離された。最後の1周はよく踏ん張った。

 日本選手の先陣を切った1組の野崎には硬さが見え、滑らかさと伸びを欠いた。野明も序盤の動きが硬く、終盤には腰が高くなって上体が揺れる滑りになりペースが急激に落ちた。日本選手は三人とも自己ベストに届かなかった。

<男子5000メートル世界記録の変遷>

6分54秒66 バラノフ  (ソ   連)1982年メ デ オ

6分49秒15 シャシェリン(ソ   連)1984年メ デ オ

6分47秒01 フィセル  (オランダ) 1987年ヘーレンフェイン

6分45秒44 カールスタート(ノルウェー)1987年ヘーレンフェイン

6分43秒59 カールスタート(ノルウェー)1987年カルガリー

6分41秒73 コ   ス (ノルウェー)1991年ヘーレンフェイン

6分38秒77 コ   ス (ノルウェー)1993年ヘーレンフェイン

6分36秒57 コ   ス (ノルウェー)1993年ヘーレンフェイン

6分35秒53 コ   ス (ノルウェー)1993年ハーマル

6分34秒96 コ   ス (ノルウェー)1994年ハーマル

6分30秒63 ロ   メ (オランダ)1997年ヘーレンフェイン

6分22秒20 ロ   メ (オランダ)1998年エムウエーブ

(注)国名のソ連は当時

(1998年2月8日 掲載)


白幡圭史