長野五輪ニュース・信濃毎日新聞
2月15日(日)
line

五輪フロント
競技結果
メダリスト
PDF号外
競技日程
写真グラフ
競技と選手
日本選手一覧
競技会場
五輪の舞台
アラカルト
周辺の情報
運営と支援
交通情報
観戦・入場券
五輪への足跡
五輪企画
五輪からあすへ
参加国紹介
テレビ番組

line

パラリンピック

line

信毎フロント
主なニュース
就職ガイダンス
写真グラフ
市町村の話題
インターネット
長野生活大百科
出版案内

信濃毎日新聞
会社案内
購読案内
広告案内

line

ジャンプ・ラージヒル 船木「金」 原田「銅」



(白馬村八方・白馬ジャンプ競技場)
9:30 スタート


 ラージヒル(K点120メートル)はノーマルヒル銀の船木(デサント)が合計272・3点で金メダルを獲得した。1回目に126メートルで4位につけると2回目は132・5メートル。飛型審判員全員が満点の20点をつける完ぺきな飛躍で逆転優勝した。

 2位に入ったノーマルヒル金のソイニネン(フィンランド)に続き、2回目に136メートルのジャンプ台新記録をマークした原田(雪印)が、1回目の6位から銅メダル。1回目2位の岡部(雪印)は6位だった。

 目まぐるしく変わる気象条件に有力選手が苦しみ、斎藤(雪印)は2回目に進めなかった。


▽ラージヒル

(1)船木和喜(デサント)
   272・3点(126メートル、132・5メートル)

(2)ソイニネン(フィンランド)
   260・8点(129・5メートル、126・5メートル)

(3)原田雅彦(雪印)
   258・3点(120メートル、136メートル=最長不倒)

(4)ビドヘルツル(オーストリア)
   258・2点(131メートル、120・5メートル)

(5)ペテルカ(スロベニア)
   251・1点(119メートル、130・5メートル)

(6)岡部孝信(雪印)
   250・1点(130メートル、119・5メートル)

(7)シュワルツェンベルガー(オーストリア)
   244・2点(115・5メートル、131メートル)

(8)ドレージャル(チェコ)
   243・2点(116メートル、130・5メートル)

(47)斎藤浩哉(雪印)
   79・5点(100メートル)

(斎藤浩哉は2回目に進めず、原田雅彦の136メートルはジャンプ台記録)

 【評】船木が世界一の飛行技術を披露した。特にうまかったのが4位の好位置につけた1回目。ビドヘルツル、ソイニネンが130メートル前後を飛んだ時の向かい風はやんでいたが、わずかに残った風をとらえて126メートルまで飛距離を伸ばし、首位のビドヘルツルとの差を9点にとどめた。

 雪がやんで助走速度が上がった2回目は向かい風も味方。ふだん通りに飛べば良かった。飛型審判全員が20点満点をつける美しい飛型で風を受け止め、132・5メートルまで到達した。

 原田は1回目が悔やまれた。踏み切りのタイミングが早過ぎてスキーが右を向いてしまった。腕で方向を修正したものの120メートル。2回目は強い踏み切りで136メートルの驚異的な距離を飛んだが、転ばないのが精いっぱいで、銅メダルにとどまった。

 岡部は向かい風をもらった1回目に130メートル。日本勢を活気づける役割を果たしたが、2回目は追い風になる不運。斎藤は全く風がない悪条件で2回目に進めなかった。


船木和喜


原田雅彦



掲載中の記事・写真・イラストの無断掲載を禁じます。
Copyright 1999 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun