長野五輪ニュース・信濃毎日新聞
2月16日(月)
line

五輪フロント
競技結果
メダリスト
PDF号外
競技日程
写真グラフ
競技と選手
日本選手一覧
競技会場
五輪の舞台
アラカルト
周辺の情報
運営と支援
交通情報
観戦・入場券
五輪への足跡
五輪企画
五輪からあすへ
参加国紹介
テレビ番組

line

パラリンピック

line

信毎フロント
主なニュース
就職ガイダンス
写真グラフ
市町村の話題
インターネット
長野生活大百科
出版案内

信濃毎日新聞
会社案内
購読案内
広告案内

line

フィギュア・ダンス ロシアのグリシュク、プラトフ組2連覇



グリシュク、プラトフ組


河合・田中組

(長野市・ホワイトリング)
19:00 スタート


 アイスダンスの自由を行い、規定、オリジナルダンス(OD)ともに1位の世界王者、グリシュク、プラトフ組(ロシア)が高度な構成をミスなく演じて自由でも1位となり、この種目初の五輪二連覇を果たした。

 2位はクリロワ、オフシアンニコフ組(ロシア)。3位にはアニシナ、ペーゼラ組(フランス)が入った。

 規定、ODを終えて23位の河合(青学大)田中(新横浜プリンスク)組は自由23位、最終順位でも23位だった。

   ◇

河合・田中組、23位にも“充実感”

 〇…アイスダンスの自由演技を終えた二人は「ほっとしています」(河合)、「靴を履く前に、今までいろいろあったなと感慨にふけりました」(田中)と笑顔を浮かべながら切り出した。

 二人とも、けがに悩まされながらの五輪だった。河合は十四日の公式練習で右太ももの裏側に違和感を感じ、この日朝は右足が動かない状態。「(本番でも)4分で足がぴたっと動かなくなった。自分は気合と根性だけで、彼(田中)がカバーしてくれました」と打ち明けた。

 一方の田中は、夏に痛めた左ひざをかばっているうちに右足も痛くなり、選手村から帰京して治療を受けていた。そんな状況でも「ここに来られてよかった。気持ちよく滑りました」と充実感を漂わせた。(共同)


▽アイスダンス                順位点

(1)グリシュク、プラトフ(ロシア)     2.0
(規定(1)0.4 OD(1)0.6 自由(1)1.0)

(2)クリロワ、オフシアンニコフ(ロシア)  4.0
(規定(2)0.8 OD(2)1.2 自由(2)2.0)

(3)アニシナ、ペーゼラ(フランス)     7.0
(規定(3)1.2 OD(3)1.8 自由(4)4.0)

(4)ボーン、クラッツ(カナダ)       7.2
(規定(4)1.8 OD(4)2.4 自由(3)3.0)

(5)ロバチェワ、アベルブフ(ロシア)    9.8
(規定(4)1.8 OD(5)3.0 自由(5)5.0)

(6)フーザル・ポリ、マルガリオ(イタリア)12.0
(規定(6)2.4 OD(6)3.6 自由(6)6.0)

(7)プンサラン、スワロー(米 国)    14.0
(規定(7)2.8 OD(7)4.2 自由(7)7.0)

(8)ドロビアズコ、バナガス(リトアニア) 16.2
(規定(8)3.4 OD(8)4.8 自由(8)8.0)

(23)河合彩(青学大)田中衆史(新横浜プリンスク)45.6
(規定(22)8.8 OD(23)13.8 自由(23)23.0)



掲載中の記事・写真・イラストの無断掲載を禁じます。
Copyright 1998 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun