長野五輪ニュース・信濃毎日新聞
2月20日(金)
line

五輪フロント
競技結果
メダリスト
PDF号外
競技日程
写真グラフ
競技と選手
日本選手一覧
競技会場
五輪の舞台
アラカルト
周辺の情報
運営と支援
交通情報
観戦・入場券
五輪への足跡
五輪企画
五輪からあすへ
参加国紹介
テレビ番組

line

パラリンピック

line

信毎フロント
主なニュース
就職ガイダンス
写真グラフ
市町村の話題
インターネット
長野生活大百科
出版案内

信濃毎日新聞
会社案内
購読案内
広告案内

line

クロカン女子30キロ ロシアの新鋭チェパロワが金



ユリア・チェパロワ


ベルモンド

(白馬村・スノーハープ)
9:00 スタート


 女子30キロフリーを行い、新鋭チェパロワ(ロシア)が1時間22分1秒5で初優勝。ロシアは女子全5種目制覇を達成した。女子距離の全種目制覇は一九七二年札幌五輪(3種目)の旧ソ連以来。

 チェパロワは22・3キロ地点で首位にいたベルモンド(イタリア)を終盤に逆転し、10秒2差をつけて、五輪初のメダルを獲得した。4個目の金メダルを狙ったラズティナ(ロシア)は3位。ビャルベ(ロシア)は5位で、今回も個人種目の金メダルを逃した。日本勢は横山寿(北越銀行)の32位が最高で、古沢(弘果ク)は38位、横山久(守谷商会)は39位だった。


▽女子30キロフリー

(1)ユリア・チェパロワ(ロシア)1時間22分1秒5

(2)ベルモンド(イタリア)   1時間22分11秒7

(3)ラズティナ(ロシア)    1時間23分15秒7

(4)ニールセン(ノルウェー)  1時間24分24秒5

(5)ビャルベ(ロシア)     1時間24分52秒8

(6)トイル(オーストリア)   1時間24分54秒3

(7)アルブレヒト(スイス)   1時間25分15秒0

(8)タラネンコ(ウクライナ)  1時間25分22秒3

(32)横山寿美子(北越銀行)   1時間32分4秒3

(38)古沢緑(弘果ク)      1時間33分16秒2

(39)横山久美子(守谷商会)   1時間33分19秒7

 (大高友美=日大=は棄権)

 【評】暖気に加えて雨も降りだした。重い雪が滑りを妨げ体力勝負の一面もあった。ここで21歳の若さがものをいった。チェパロワ。今季W杯で初勝利を挙げた新鋭は元気いっぱい。滑らかなリズムの押しとけりが最後まで衰えなかった。対抗したベテランのベルモンドも独特のピッチ走法で中盤に持ち味を発揮。15キロでは14秒2のリードを奪った。だが、重い雪では軽快なスキーの伸びがない。後半は徐々にチェパロワに追い上げられ、22・3キロで6秒8に縮まったリードは、ゴールでは逆に10秒2の負けになっていた。ラズティナが3位で全種目メダル。昨季世界選手権5冠のビャルベは5位に沈み、世代交代も感じさせた。



掲載中の記事・写真・イラストの無断掲載を禁じます。
Copyright 1998 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun