フィギュア女王にリピンスキー クワンに逆転勝ち



タラ・リピンスキー

(長野市・ホワイトリング)
19:00 スタート

 女子シングルの自由を行い、ショートプログラム(SP)2位の一九九七年世界女王、リピンスキー(米国)がSP1位のクワン(米国)を逆転し、優勝した。十五歳八カ月での金メダル獲得はフィギュア女子のヘニー(ノルウェー)の記録を更新する冬季五輪個人種目最年少となった。

 リピンスキーは3回転−3回転のコンビネーションジャンプなど高難度の構成を力強く演じ切った。リピンスキーとの新旧女王対決で注目されたクワンはわずかに及ばず2位。3位には陳露(中国)が入り、二大会連続の銅メダルとなった。

 SP14位の荒川(宮城・東北高)は13位。ジャンプで転倒などがあり、持ち味を発揮できなかった。(共同)


▽女子

(1)タラ・リピンスキー(米国)順位点2.0
   (SP(2)1.0、自由(1)1.0)

(2)クワン(米国)         2.5
   (SP(1)0.5 自由(2)2.0)

(3)陳露(中国)          5.0
   (SP(4)2.0 自由(3)3.0)

(4)ブッテルスカヤ(ロシア)    5.5
   (SP(3)1.5 自由(4)4.0)

(5)スルツカヤ(ロシア)      7.5
   (SP(5)2.5 自由(5)5.0)

(6)ギュスメロリ(フランス)   10.0
   (SP(8)4.0 自由(6)6.0)

(7)ソコロワ(ロシア)      12.0
   (SP(10)5.0 自由(7)7.0)

(8)マリニナ(ウズベキスタン)  12.5
   (SP(9)4.5 自由(8)8.0)

(13)荒川静香(宮城・東北高)  21.0
   (SP(14)7.0 自由(14)14.0)

(1998年2月20日 掲載)