長野五輪ニュース・信濃毎日新聞
2月7日(金)
line

五輪フロント
競技結果
メダリスト
PDF号外
競技日程
写真グラフ
競技と選手
日本選手一覧
競技会場
五輪の舞台
アラカルト
周辺の情報
運営と支援
交通情報
観戦・入場券
五輪への足跡
五輪企画
五輪からあすへ
参加国紹介
テレビ番組

line

パラリンピック

line

信毎フロント
主なニュース
就職ガイダンス
写真グラフ
市町村の話題
インターネット
長野生活大百科
出版案内

信濃毎日新聞
会社案内
購読案内
広告案内

line

五輪遺産=白馬の試み 開催に誇り 利用者増へ海外誘客も



長野五輪記念のスキーヤーズパーティー

 五年前、スキー・アルペン競技に沸いた北安曇郡白馬村の白馬八方尾根スキー場。そのゲレンデに五日、約五十人の女性スキーヤーの歓声が響いた。仏グルノーブル五輪代表の丸山美保子さん(58)ら村内の女性七人でつくる全日本レディーススキークラブ白馬支部が開いた、長野五輪開催記念の「レディーススキーヤーズパーティー」だ。

 「長野五輪の感動を風化させず、スキーの面白さを伝えていこう」(丸山さん)と、五輪翌年に始めた。書き入れ時で自らスキーを楽しむ機会の少ない地元の宿のおかみさんに、ゲレンデで過ごす時間の楽しさを実感してもらい、白馬の魅力を口コミで客に広めていこうとの取り組みだ。

 長引く不況の影響などで、同村のスキー観光を取り巻く状況は五輪の準備、開催を経たこの十年で激変した。村などのまとめだと、昨年度の村内七スキー場の入り込みは約百四十八万人。ピークだった九二年度の約二百七十六万人に比べ、百三十万人近く減った。「スキー離れは、全国的な傾向。入り込みの急回復は難しい」とあきらめの声も村内にはある。

 だが、村の経済や財政の厳しさにつながっている危機感を背景に、五輪の経験をあらためて見つめ直し、道を切り開く動きも広がってきた。

 村観光国際課によると、同村ではここ数年、アジアなど海外からの観光客の増加が顕著だ。村内の宿泊施設や在住外国人の営業活動が実った。この冬も米国や、香港などからのスキーツアーが予定されている。県内の業者らが協力し、海外からの誘客を目指す「白馬インバウンド推進協議会」も一昨年から韓国からの誘客を始めている。

 「村に頼らず、民間が独自に海外と交流できるようになってきた。世界を身近に感じるようになった五輪開催の効果だ」。村幹部の一人は話す。

 村も先月、長野市や下高井郡山ノ内町、野沢温泉村に参加を呼び掛け、五輪会場地の地域創造を考えるシンポジウムを実施。開催地のプラスイメージをより強く打ち出すことを確認し合った。

 「もっと五輪を開いたことに誇りと自信を持って、積極的にアピールしていく必要があると思う」。レディーススキークラブの岡田久子さん(57)は、今後も五輪開催の遺産を、地道な取り組みで誘客につなげる決意を口にした。



掲載中の記事・写真・イラストの無断掲載を禁じます。
Copyright 2003 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun