長野五輪ニュース・信濃毎日新聞

五輪フロント

競技結果
メダリスト
PDF号外
競技日程
写真グラフ
競技と選手
日本選手一覧
競技会場
五輪の舞台
アラカルト
周辺の情報
運営と支援
交通情報
観戦・入場券
五輪への足跡
五輪企画
五輪からあすへ
参加国紹介
テレビ番組

line

パラリンピック

line

信毎フロント
主なニュース
就職ガイダンス
写真グラフ
市町村の話題
インターネット
長野生活大百科
出版案内

信濃毎日新聞
会社案内
購読案内
広告案内

line

フリースタイルスキー

競技会場 長野市飯綱高原

競技日程
モーグル男女予選
男女決勝
2月 8日( 9:30-)
2月11日(12:00-)
エアリアル 男女予選
男女決勝
2月16日( 9:30-)
2月18日(10:15-)

フリースタイル

フリースタイル世界選手権モーグル決勝。上村愛子の競技
  (信濃毎日新聞1997年2月8日掲載)


競技の紹介

 ▽モーグル

 平均斜度27度のコブだらけの急斜面をいかに速く、正確に滑り降りるかを競う。途中、「エア」と呼ばれる2回のジャンプもあり、豪快でスピード感あふれる雰囲気は「スキーの格闘技」にも例えられる。

 採点では「ターン」「エア」「スピード」の3要素が求められ、ターンが得点の50%、残り2つがそれぞれ25%の割合を占める。「ターン」はスキー操作や攻撃性などを評価し、見どころの「エア」は技の難易度や完成度を見る。3要素を合計した満点は30点だ。

 同じように見えるターンも、国柄によってテクニックは多彩。年々ハイレベルになっているエアも注目したい。

 ▽エアリアル

 雪で造った高さ2−3.2メートルのジャンプ台を利用して、空高く舞い上がり、演技する。高さや角度、着地点までの距離が異なるジャンプ台を自分の技に合わせて選ぶ。  踏み切りや高さを見る「エア」が20%、演技の正確さを評価する「フォーム」が50%、着地姿勢などの「ランディング」が30%が採点の割合。2回の演技をして、その合計得点で順位をつける。

 空中の最高点から着地点までは10メートルにも達し、これはビルの四階ほどの高さ。男子だと、その間に「フル・ダブルフル・フル」(後方3回宙返り4回ひねり)の大技をする選手もいる。


選手の紹介日本選手(関連ニュース)

男子
(モーグル)
  • 附田 雄剛(東海大)
  • 原  大虎(エクストリーム)
  • 坂本 豪大(バンプス)
  • 三浦 豪太(エスビー食品)
    (エアリアル)
  • 安藤 和明(サンダーグク)
  • 女子
    (モーグル)
  • 里谷 多英(東海大)
  • 上村 愛子(白馬高)
  • line

    掲載中の記事・写真・イラストの無断掲載を禁じます。
    Copyright 1998 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun