パラリンピック・タイトル
3月9日(月)
line

パラリンピック
競技結果
日程
競技紹介
日本選手一覧
アラカルト
足跡
写真グラフ

line

五輪フロント
競技結果
メダリスト
PDF号外
競技日程
写真グラフ
競技と選手
日本選手一覧
競技会場
五輪の舞台
アラカルト
周辺の情報
運営と支援
交通情報
観戦・入場券
五輪への足跡
五輪企画
五輪からあすへ
参加国紹介
テレビ番組

line

信毎フロント
主なニュース
就職ガイダンス
写真グラフ
市町村の話題
インターネット
長野生活大百科
出版案内

line

アイススレッジスピード男女千五百 松江、土田、渡辺「金」


(長野市・エムウェーブ) 14:00〜

 アイススレッジスピードレースは長野市のエムウエーブで男女各千五百メートルを行い、日本勢は金メダル3個のほか、銀4、銅2個を獲得した。

 女子LW(運動機能障害)10クラスの松江美季選手(24)、同LW11の土田和歌子選手(23)、男子LW10の渡辺敏貴選手(30)=いずれも東京都=が優勝。松江選手は五百メートルに続いて2個目の金で、女子11クラスは日本選手で表彰台を独占した。


渡辺 敏貴(わたなべ・としき=アイススレッジスピードレース男子千五百メートル)今大会は百メートル、五百メートルともに5位だった。17歳の時にバイク事故で脊髄(せきずい)損傷。第百生命に勤務し、コンピューターのプログラム開発に携わっている。30歳。岩手県出身。

土田 和歌子(つちだ・わかこ=アイススレッジスピードレース女子千五百メートル)高校2年の時に交通事故で脊髄(せきずい)を損傷。復学後、スレッジを始め、前回の94年リレハンメル大会に出場した日本女子の第一人者。97年3月、長野プレ大会でマークしたこの種目の世界記録を約9秒も短縮した。東京都教育庁勤務。23歳。東京都出身。


<男子千五百>

▽LW10クラス

(1)渡辺敏貴(東京)3分50秒67=日本新

(2)武田豊(北海道)3分50秒92

(3)フランツェン(ノルウェー)3分52秒02

(5)金森博(長野)3分57秒13

(6)高石匡(東京)4分10秒88

▽LW11クラス

(1)クヌート・ルンドストロム(ノルウェー)3分24秒13

(2)中村博之(大阪)3分31秒60=日本新

(3)加藤正(長野)3分33秒46

(4)山口善久(奈良)3分39秒71

<女子千五百>

▽LW10クラス

(1)松江美季(東京)4分23秒86=世界新

(2)金井良枝(長野)4分34秒43

(3)エドバルドセン(ノルウェー)4分39秒79

 (出場3人)

▽LW11クラス

(1)土田和歌子(東京)3分59秒35=世界新

(2)奥山京子(山形)4分12秒35

(3)桑原明美(北海道)4分19秒91



掲載中の記事・写真・イラストの無断掲載を禁じます。
Copyright 1998 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun