長野五輪ニュース・信濃毎日新聞

五輪フロント

競技結果
メダリスト
PDF号外
競技日程
写真グラフ
競技と選手
日本選手一覧
競技会場
五輪の舞台
アラカルト
周辺の情報
運営と支援
交通情報
観戦・入場券
五輪への足跡
五輪企画
五輪からあすへ
参加国紹介
テレビ番組

line

パラリンピック

line

信毎フロント
主なニュース
就職ガイダンス
写真グラフ
市町村の話題
インターネット
長野生活大百科
出版案内

信濃毎日新聞
会社案内
購読案内
広告案内

line
 

関連ニュース(信濃毎日新聞から)

 信濃毎日新聞掲載の記事約1000本の見出し一覧。各月ごとに分けて
掲載してあります。見出しページから本文も探せます。



91年6月 98年長野冬季五輪の開催決定

  11月 五輪組織委スタート

92年3月 長野五輪準備法案決まる。5月成立

  6月 ボブスレー・リュージュコース短縮

  9月 組織委の略称「NAOC」に

     白馬村クロスカントリーコース縮小

  10月 長野五輪の基本理念案まとまる

  11月 カーリング・女子アイスホッケー実施で合意

  12月 IOCが大会エンブレム了承

     白馬ジャンプ台完成

94年1月 大会マスコット「スノーレッツ」の愛称決まる

     ポスター第1号発表

  3月 五輪旗、長野に到着

     公式イメージソング「SHARE 瞳の中のヒーロー」披露

     競技別ピクトグラム発表

  7月 五輪スポンサー(国内協賛企業)対象業種発表。第1号ミズノ

  9月 文化プログラム基本計画決定

  10月 国際スポンサー契約、第1号はコダック

95年2月 競技日程案決まる(98年2月7日から16日間)

     開閉会式などの総合プロデューサーに浅利慶太氏

  3月 NAOC、運営基本計画を決定

  5月 1000日前イベント

  9月 アイスホッケーNHLプロ出場、オーナー会議で確定

  10月 アイスホッケーB会場着工

  11月 上信越道、中野IC開通

  12月 スノーボード実施、軽井沢で開いたIOC理事会で正式決定

     アイスホッケーリンクがオープン

     スノーボード競技場「ハーフパイプコース」完成

96年1月 「公式サプライヤー」募集開始

     競技日程案を修正

  2月 長野五輪の放映権料決着

     山ノ内でW杯スノーボード大会

  3月 W杯スキー白馬大会

     長野のフィギュア・ショートトラック会場完成

  4月 ボブ・リュージュ会場完成

     五輪文化施設、長野市と4社基本協定

     スピード代表 第2次内定

     「ハイテク五輪」の中核 フルネットセンター着工

  5月 五輪文化・芸術祭 1次分48公演承認

  6月 長野「セントラルスクウェア」を表彰式会場に

     長野のコンベンション施設着工

     長野新駅舎が開業 仏閣型からドーム屋根へ

  7月 放映権、欧州放送連合とNAOCが調印

  9月 「五輪へあと500日」イベント

  10月 国際放送センター着工

     五輪文化プログラム新たに122件承認

     五輪公式ガイドブック発売と発表

  11月 競技日程3次案が決定

     五輪情報のホームページ開設−NAOC

     ボブスレー・リュージュ会場「スパイラル」、カーリング専用ホ

     ール、スピードスケート「エムウエーブ」、クロカン「スノーハ

     ープ」完成

     五輪のメダル発表

  12月 バイアスロン会場完成

     県警が五輪交通規制案

     公式メッセージソング「Dream」(さだまさし)発表

     プレ五輪大会「アイスホッケー長野カップ」

97年1月 プレ五輪大会「W杯クロカン」「W杯ジャンプ」「W杯複合」

  2月 プレ五輪大会「世界フリースタイル」「世界スピード」

     「W杯スノーボード」「W杯リュージュ」「W杯ボブスレー」

     「W杯アルペン白馬」

     1年前イベント−記念切手・硬貨発売

     パラリンピック・プレ大会−バイアスロン

  3月 プレ五輪大会「W杯バイアスロン」「W杯アルペン志賀」

  4月 長野五輪選手団長セミナー

  5月 五輪日程を発表

     五輪閉会式の概要判明

  6月 五輪入場券の前売り始まる

     聖火リレーのコース決まる

  7月 聖火台のデザイン発表

     五輪200日前イベント

  8月 五輪ボランティア、2万人配属を決定 NAOC

  9月 長野五輪運営施設 放送センターなど、始動

     長野五輪「アクアウイング」が完成 そろった競技施設

  10月 北陸新幹線が開業 「あさま」発車

     「しなの鉄道」スタート 地域の足…期待と不安

     聖火リレー 44都道府県のコースを発表

     長野五輪主将に荻原健、旗手は清水 JOCが正式決定

     上信越道・信州中野−中郷間が開通

  11月 長野五輪 メーンプレスセンターが完成 報道の拠点に

     長野五輪聖火リレー 県内ルートを発表

     照らすかがり火…開閉会式場に「聖火台」設置

     「長野五輪停戦」を決議 国連総会

  12月 滑降スタート1765メートルで決着 特別地域2カ所通過

     長野五輪ピースアピール、イベント内容発表

     長野五輪聖火、オリンピアで採火式 リレー出発

98年1月 長野五輪まで32日 聖火リレーがスタート

     五輪選手村オープン

     NAOC五輪公式新聞「長野98」第1号発行

  2月 長野五輪開会式 「平和と友好」世界にアピール

line

掲載中の記事・写真・イラストの無断掲載を禁じます。
Copyright 1998 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun