2020年2月29日

生活情報◆長野市◆28日時点

【災害ごみ受け入れ】アクアパル千曲(真島町川合)、豊野東山第1運動場(豊野町大倉)、穂保高台避難公園南仮置場(穂保)で午前9時半~午後4時。罹災(りさい)証明書の提示が必要
【交流拠点「まちの縁側ぬくぬく亭」】開設場所を豊野町豊野の市豊野支所敷地に移転するため、29日は休止。移転後の3月1日は正午から開き、その後は毎日午前10時~午後5時に開設。毎週火、木曜日の午後5~9時は学習支援。中古、新品の衣類も提供する。問い合わせは常駐スタッフ(☎090・4912・7936)
【被災住民向け交流拠点】被災者支援に取り組む団体「HEARTYDECO(ハーティーデコ)」が、水曜日を除く毎日午前10時~午後6時半、しなの鉄道北しなの線三才駅近くのアパート(西三才8の20)で開設。食事や支援物資を提供。食材購入など活動費に充てる支援金や運営ボランティアも募っている。問い合わせは同団体(☎070・2792・6072)
【令和元年東日本台風を考えるつどい】3月1日午後1時半~3時半、津野公会堂。長沼歴史研究会主催。環境調査を手掛けるラポーザ(長野市)の荒井克人さんが、小型無人機ドローンで確認した千曲川の被害状況を説明。同研究会が千曲川氾濫の歴史を考察する