2020年4月22日

水害に耐え 桃の花鮮やか 須坂・千曲川右岸

 須坂市福島の千曲川右岸にピンクと白の鮮やかな風景が広がっている。暖かな陽気となった21日、桃やプルーンの花々の合間に、授粉作業を進める農家が見え隠れした。
 河川敷は台風19号災害で水に漬かった地域。村山橋近くで作業していた男性(79)によると、桃やプルーンの木々にも水が引いた後にわらくずなどが引っ掛かり、収穫が見込めず切らざるを得なかった木も多かったという。
 それでも季節は巡り、木々は10日ほど早く開花のピークを迎えた。「被害はあったが、今年もきれいな花を咲かせてくれた」と男性はうれしそうに語った。

千曲川河川敷を彩るピンクの桃や白いプルーンの花々=21日、須坂市福島