信毎 Housing Station
商業施設併設の村営住宅建設へ 天龍・平岡駅前
2019年12月 5日(木)

 天龍村の永嶺誠一村長は4日開会した村議会12月定例会で、村内のJR飯田線平岡駅前に商業施設を併設した単身者用村営住宅を建設する方針を明らかにした。高齢化や人口減少が進む中、村民が買い物をできる場所を新たにつくりたい考え。村長は「不足している単身者用住宅を整備しつつ、買い物の拠点づくりを進める」と述べた。

 かつて駅前で営業していた宿泊施設「満島ホテル」を解体し、跡地に集合住宅を造る計画。村は9月に土地取得費、解体費として一般会計に計約1950万円を追加している。村によると、地権者と契約手続き中。複数階建てで1階に商業施設を設ける方針で、運営を担う事業者は今後検討するという。

 村は同日、村道拡幅工事費など総額4330万円を追加する本年度一般会計補正予算案を含む9議案を提出。議会は村監査委員に後藤富平氏(72)=平岡=を再任する人事案に同意した。任期は2020年1月1日から4年。

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます。
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun