信毎 Housing Station
LIXIL、宮田にスタジオ開設 製品情報を発信
2020年5月20日(水)

 住宅設備メーカーLIXIL(リクシル、東京)は19日、エクステリア商品を研究開発している駒ケ根事業所(上伊那郡宮田村)内に「駒ケ根スタジオ」を開設した。この拠点から、施工業者や住宅関連の商社に製品情報を発信する狙い。最初の取り組みとして同日、投稿サイト「ユーチューブ」で動画を生配信し、開発担当者らがウッドデッキなどの新商品を紹介した。

 展示や施工研修に使っていた660平方メートルを活用。施工後がイメージできるよう、ウッドデッキやベランダの手すりなどを屋内空間と共に配置した。宅配ボックスや駐車場用の屋根も並べた。

 この日の配信は3回。ガラス張りのガーデンルームでは、担当者が「アルミの支柱は角を取って木目調にし、触っても木に近い素材感」とアピールした。壁の施工実演や視聴者とのやりとりもあった。

 今後もインターネットを活用し、商品や施工の情報を伝える計画。移川拓也エクステリア商品開発部商品戦略室長(52)は「開発担当者のこだわりや熱意を直接発信したい」と話した。20日も午前11時、午後2時から配信する。

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます。
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun