信毎 Housing Station
長野に新たなモデルハウス 松本・アルプスピアホーム
2020年6月 6日(土)

 住宅建築のアルプスピアホーム(松本市)は6日、県産木材にこだわった高価格帯の注文住宅の新ブランド「アーキエアーズ」を立ち上げ、長野市西尾張部のSBC長野中央ハウジングパークにモデルハウスをオープンする。

 顧客と専属の建築士が話し合いを重ねて一から設計することで、デザインや家の造りに顧客の意向を最大限反映。耐震、断熱といった機能性の高さも売りに新たな客層を開拓する。価格は2800万円からを想定。年度内に3棟、来年度に10棟の販売を目指す。同社の長野市内のモデルハウスは計4棟になる。火・水曜定休。午前10時~午後5時。

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます。
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun