信毎 Housing Station
アパート・従業員宿舎建設支援 飯綱町、人口増狙い
2021年5月27日(木)

 飯綱町は本年度、町内でアパートや従業員宿舎を建設する民間の事業者や会社に対し、建設費用に最大1200万円を補助する事業を始めた。移住希望者の受け皿となる住居の整備や従業員宿舎の誘致を図り、町の人口増につなげる狙い。

 アパート建設への補助は町外の事業者でも受けられるが、従業員宿舎は町内企業に限る。補助額は、1部屋の床面積が25平方メートル以上、45平方メートル未満の場合は1部屋につき150万円。45平方メートル以上の場合は200万円。事前に町との協議が必要。

 町は今回の制度に加えて、町内の空き家や空き地の情報を希望者に提供する「空き家バンク」などの仕組みも生かす考え。町人口増推進室の担当者は「賃貸住宅の需要もあると考えており、住宅の数を確保していきたい」と話している。問い合わせは同室(電話026・253・2512)へ。

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます。
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun