信毎 Housing Station
25区画の住宅団地 朝日村が整備へ
2022年5月12日(木)

 朝日村は11日の村議会全員協議会で、同村西洗馬の約9千平方メートルに25区画の住宅団地を整備する計画を明らかにした。村内への移住や定住につなげ、人口減少に歯止めをかける狙い。

 約9千平方メートルは農地が中心。村外へのアクセスが容易で、埋蔵文化財が確認されていない―などの条件から候補地に選んだ。今後、用地購入などを担う村土地開発公社の理事会の承認を受けるほか、地権者らへの説明会を開く。

 村は人口確保策として、旧おひさま保育園跡地への村営住宅建設や、空き家活用事業を推進する方針も示した。村企画財政課は「村の最重要課題の人口問題について、引き続き対策をしていきたい」としている。

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます。
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun