TOP2013年01月松本城本丸庭園の無料開放 4月から本格実施 市民対象
松本市民への無料開放が続くことになった松本城の本丸庭園

 松本市は8日、国宝松本城の本丸庭園を4月から本格的に市民に無料開放することを決めた。昨年6月に試行として無料開放を始めてから12月までに無料で入園した市民は1481人。松本城を市民により身近に感じてもらうことで、城を中心としたまちづくりを進めたいと判断した。

 天守閣を除く本丸庭園内が対象。受付で運転免許証、障害者手帳、健康保険証、福祉100円バスのパス券、図書館カードなど市民であると確認できるものを提示する。

 松本城管理事務所によると、月別の無料入園者は10月の368人が最多。従来から無料だった小学校の社会科見学や障害者などを合わせた無料観覧者に占める割合は1・6%にとどまったが、市民から取り組みを評価する声も寄せられたという。

 市は、当初8月までとしていた無料開放の試行期間を、浸透状況をさらに見るため、ことし3月末まで延長していた。市議会2月定例会で松本城管理条例の改正手続きをする考えだ。

2013年1月 9日掲載