TOP2014年10月霧に浮かぶ松本城 早朝の幻想的風景
霧に包まれ幻想的に浮かび上がる松本城=24日午前6時29分、松本市

 松本市一帯は24日早朝、濃い霧に包まれ、松本城では霧の中に城が浮かび上がる幻想的な風景が見られた。長野地方気象台によると、松本は午前6時50分に最低気温6・6度を観測。前日朝までの降水で湿り気があった上、放射冷却現象で地上付近が冷えたため霧や、もやが発生しやすい状況だった。盆地の多い県内では、こうした「放射霧」が起きやすい時期だという。

 松本市内は午前6時ごろ、街並みが霧でかすんで見えるようになり、車はヘッドライトを点灯してゆっくりと走っていた。6時半すぎに日が昇り始めると、空は黄金色に染まった。

 早朝から松本城の写真撮影に訪れた松本市蟻ケ崎の佐藤裕太さんは「幻想的な風景を見ることができて満足。良い写真が撮れた。朝からとても良い気分」と話していた。

 このほか県内の最低気温は、軽井沢2・9度、長野8・0度、諏訪8・4度、飯田9・5度などで、いずれも10月中下旬並みだった。

2014年10月24日掲載