TOP2016年01月「松本城を世界遺産に」推進委、松本で2月7日にフォーラム 紺野美沙子さんゲストに
紺野美沙子さん

 松本市と信濃毎日新聞社などでつくる「国宝松本城を世界遺産に」推進実行委員会は2月7日、松本城の世界文化遺産登録を考えるフォーラムを同市のホテルブエナビスタで開く。国連開発計画(UNDP)親善大使を務める女優の紺野美沙子さんをゲストにパネル討論「文化遺産と地域とのかかわり」もある。

 実行委は、世界遺産登録されている姫路城(兵庫県姫路市)に加え、彦根城(滋賀県彦根市)、犬山城(愛知県犬山市)、松江城(松江市)と共に、近世城郭の天守群として世界遺産登録を目指す。パネル討論は、TBS系のドキュメンタリー番組「世界遺産」のプロデューサー堤慶太さん、松本古城会の田中荘太会長(松本市)が参加する。

 午後3時から。入場無料で聴講券が必要。定員は先着200人。希望者は「世界遺産フォーラム希望」と明記し、名前、住所、電話番号、年齢、参加人数を記入し、はがき(〒399―8711 松本市宮田2の10 信濃毎日新聞松本本社「世界遺産フォーラム」係)かファクス(0263・26・8730)で申し込む。問い合わせは実行委事務局(電話0263・25・2153)へ。

2016年1月21日掲載