TOP2018年12月松本城巡ってクイズに挑戦 親子32人、楽しく遊ぶ
松本城の石積みについて説明を受ける子どもたち

 松本市の松本城で1日、クイズに答えながら城内を巡る「国宝松本城七不思議親子体験ツアー」があった。市内の親子連れ13組32人が参加。天守閣や太鼓門などで松本城管理事務所の研究専門員らの出題に答えながら、歴代の藩主や築城期に関する知識を楽しみながら学んだ。

 「大天守や小天守の壁が黒色になっているのはなぜでしょう」「(大天守5階にある)柱にはすり減った傷あとがついています。この傷にはある伝説があります。どんな伝説でしょう」―。子どもたちは城内を見て回り、7問のクイズに解答。答え合わせでは正答するたびに「イエーイ」と声を上げて喜んだり、答えの意外さに目を丸くしたりしていた。

 市や信濃毎日新聞社などでつくる「国宝松本城を世界遺産に」推進実行委員会が主催し、7年目。

2018年12月 3日掲載

月別アーカイブ