TOP2019年03月台湾ツアー客、松本訪問 3市海外誘客事業
「国宝松本城おもてなし隊」(左)と写真に納まる台湾からの観光客

 松本、札幌、鹿児島の3市で海外誘客を図る「超広域観光ビジット3」事業で、初めてとなる台湾の観光ツアーの客21人が14日、松本市の国宝松本城を訪れた。ツアーは地方都市の魅力を感じてもらう狙いで、松本と札幌両市を巡る。松本市は「歓迎」の文字が入った横断幕で迎え、市出身の前衛芸術家草間弥生さん(89)のグッズを贈った。

 一行は松本城を見学したり、時代衣装で観光客を迎える「国宝松本城おもてなし隊」と一緒に写真撮影したりして楽しんだ。台北市のモデル賀〓飛(がゆんひ)さん(31)は「城がある松本の観光を一番楽しみにしていた。東京や大阪と違い、静かできれい」と喜んでいた。

 ツアーは12日から4泊5日で、松本には初日から14日まで滞在。この間、白骨温泉に宿泊し、スノーシューも体験した。14日は松本城を観光した後、札幌市へ移動した。

 松本市観光温泉課によると、ビジット3での3市連携は4年目。今回のツアー実現は「3都市間のツアーに向けた第一歩」としている。

(〓は、日ヘンに句の口が二)

2019年3月15日掲載

月別アーカイブ