TOP2019年05月県内「世界赤十字デー」PR 松本城、赤くライトアップ
「世界赤十字デー」で赤くライトアップされた松本城=8日夜、松本市

 「世界赤十字デー」の8日夜、全国一斉に歴史的建造物などを赤くライトアップする催しがあった。県内では松本城(松本市)と善光寺(長野市)の他、長野市、安曇野市、諏訪市の各赤十字病院で行われた。

 国際赤十字運動の創始者アンリ・デュナンの誕生日に、デュナンが訴えた「人道」の大切さをアピールする狙い。2016年から日本赤十字社が取り組んでいる。

 松本城は午後7〜9時ごろに真っ赤に染まった。夫婦で観光に訪れた茨城県鹿嶋市の伊藤省三さん(74)は「松本城に来るのは4回目だが、赤くてびっくりした。すごくきれい」と喜んでいた。

 諏訪赤十字病院では、ライトアップされた同病院の写真を審査するフォトコンテストを行っている。応募は17日までにメール(koho@suwa.jrc.or.jp)で。問い合わせは同病院(電話0266・52・6111)へ。

2019年5月 9日掲載

月別アーカイブ