TOP2019年12月松本城「お城ランキング」1位 スマホアプリで好評
ランキング1位となった松本城=13日

 全国の城巡りをテーマとしたスマートフォン向けアプリ「ニッポン城めぐり」の運営会社ユーエム・サクシード(東京)は、「お城ファンが実際に訪れた日本のお城ランキング」を発表し、松本市の国宝松本城が初めて1位になった。ランキングの発表は4年目で、松本城はこれまで3位2回、2位1回だった。

 アプリには城跡を含めた3千の城が登録されており、衛星利用測位システム(GPS)を使ってスタンプラリー形式で遊ぶ。同社は今年1〜11月のアプリ利用者20万人以上の位置情報を踏まえ、訪問人数に滞在時間などを加味して独自にポイント化した。同社担当者は、松本城が1位となった要因を「城や周辺施設の魅力に加え、(人口の多い)関東と関西双方からのアクセスのしやすさがあるのではないか」と分析した。

 松本城管理事務所によると、有料入場者数は2016年度の約81万人から減少していたが、19年度は3年ぶりに80万人を超えそうなペース。手島学所長(59)は「さまざまなジャンルの統計で上位になるが、1位はなかった。五輪イヤーの来年はさらに増えてほしい」と喜んだ。

 県内では上田市の「上田城」が10位だった。

2019年12月14日掲載

月別アーカイブ