TOP2020年04月松本城天守など休館・休止延長 松本市、期限設けず
期限を設けず天守の公開を休止する松本城=3日

 松本市は3日、新型コロナウイルス感染拡大で、国宝の松本城天守や旧開智学校校舎を含む市有約50施設の休館・休止期間を期限を設けず延長することを決めた。約50施設は3月25日に再開したものの、感染経路が推定できない患者が市内で発生したため26日に再び閉鎖。感染発覚から約2週間が経過する今月7日を再開のめどにしていたが、首都圏などで感染拡大が終息しない状況を考慮した。

 3日開いた市の新型コロナウイルス感染症対策本部会議で決めた。臥雲(がうん)義尚市長は、年度初めで人の往来が増えていることも踏まえ「状況が改善に向かうことは困難で、感染拡大防止対策に一層取り組む必要がある」と説明した。

 再開条件について、松本地域が、政府の専門家会議が示した3区分のうち感染拡大の度合いが最も低い「感染未確認地域」と、県が独自に定めた4段階の区分で最も低い「レベル1」(域内発生早期)の状態が安定的に続くことを挙げた。

 ただ、臥雲市長は「首都圏との往来を考え、松本の状態だけで再開を判断することは難しい」とも述べた。

2020年4月 4日掲載

月別アーカイブ