さらなる挑戦期待込め 信毎選賞 3氏1グループに贈呈

長野県 社会 主要
twitter facebook

 公益財団法人信毎文化事業財団(理事長・小坂壮太郎信濃毎日新聞社社長)は19日、第25回信毎選賞を3氏1グループに贈った。長野市内のホテルで開いた贈呈式で、受賞者はそれぞれ故郷への思いや、さらなる挑戦への意欲を語った。

 受賞者は、国際的に活躍した登山家に贈られる「ピオレドール(黄金のピッケル)賞」を3回受賞した諏訪郡富士見町出身の平出和也さん(41)=横浜市在住、フランスの2020年版ミシュランガイドで日本人初の三つ星評価を得た諏訪市出身の小林圭さん(43)=パリ在住、冒険ファンタジー漫画でヒット作を放つ長野市出身の真島ヒロさん(43)=東京都在住、下伊那郡豊丘村出身の松尾レミさん(28)=同=と、飯田市出身の亀本寛貴さん(30)=同=による人気ロックユニットGLIMSPANKY(グリムスパンキー)。

 贈呈式で小坂理事長が正賞のメダルと副賞30万円をそれぞれに贈り、「今後もさらなる挑戦や創造性を発揮され、故郷の私たちに元気を与えていただきたい」と激励した。贈呈式は新型コロナウイルス感染対策を講じた上で開催。受賞者の家族や関係者ら約70人が出席した。

 信毎選賞は1996年に創設。文化やスポーツ、社会活動などで業績を挙げ、将来なお一層の活躍が期待される若手を中心に個人・団体を顕彰し、今回は48の個人・団体を対象に選考した。

3氏1グループに信毎選賞を贈り、小坂理事長(左)が激励した贈呈式=19日、長野市

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 主要